鼻をほじると鼻の穴は大きくなるなるのか

鼻をほじるのは癖なのか?鼻の穴は大きくなるなるのか?あとの影響は?

我がむすめが鼻をほじっているのを見て気になり調べました。
鼻水は出ていませんが、鼻くそがつまって苦しいのでしょうか。
それとも、他の理由で癖になっているのでしょうか。
それとも、たまたまなのでしょうか。
鼻の穴が大きくなると困るので、あまり鼻をほじってほしくありませんが、そもそも鼻の穴は大きくなるのでしょうか。

また、小さいお子さんで、鼻をほじっている子をたまに見かけますが、おとなが鼻をほじっているのを見かけることはあまりありません。
では、おとなは鼻をほじっていないのでしょうか。

今回、鼻をほじる事について調べてみました
1.鼻をほじるのは癖なのか
2.鼻の穴は大きくなるのか

「鼻をほじるのは癖」

鼻をほじるのは主には癖のようです。
なので、子供のころ鼻をほじる癖があった方は、おとなになっても鼻をほじる事が多いようです。
ただ、おとなになって人前で鼻をほじる事は下品で恥ずかしいという羞恥心から人のいないところで鼻をほじるようになり見かけることは少なくなります。
なので、おとなも鼻はほじります。

子供の場合、気を付けなくてはいけないのは鼻の病気です。何か違和感があって触っているのかもしれません。鼻の粘膜を傷つけて鼻の中でカサブタが出来ている場合もあります。鼻血が多かったり鼻血がが中々止まらない場合は専門医の診察を受けることをお勧めします。

「鼻の穴をほじると穴がおおきくなる」

子供のころから鼻の穴をほじるのが癖で大人になった今でも鼻をほじっている方は、鼻の穴は大きくなっていくのでしょうか。
医学的には良くわかりませんが、海外のある部族では首を長くしたり、耳のピアスの穴を大きく広げて行ったりと肉体改造を昔から行っています。
なので、鼻をほじる頻度や指の太さにもよると思いますが、鼻の穴を癖で昔からほじっている方と、鼻をほじっていない方では多少影響が出ていると仮説をたてました。

「鼻をほじる癖と鼻の穴の大きさを検証」

鼻の穴をほじっている方の鼻の穴が大きくなるのかもう少しはっきり知りたいので前で立てた仮説を検証をします。

検証方法(独自検証)
アンケートは名前は無記名で性別のみ
アンケート内容

鼻の穴の大きさについて検証
1.あなたは鼻の穴が大きいと思いますか。Y/N
2.あなたは鼻の穴を良くほじりますか。Y/N
2でYと答えた方に聞きます。
2-1.幼少期より鼻の穴をほじる癖がありましたか。Y/N
2-2.鼻の穴をほじる頻度は、ほぼ毎日ですか。Y/N
2-3.あなたは自分の鼻の穴が大きいと思いますか。Y/N

ある場所に協力をお願いしてイントラネットを使ってSharePointのアンケートを利用して検証しました。

調査期間:1週間
対象者:成人男性と成人女性
対象人数:976名
有効回答:235名 24%

らいおんのぱぱhana-data1

調査対象:有効回答の235名

考察:鼻の穴が大きいと思っている方より鼻の穴をほじる方の方が多いという事は、鼻の穴をほじる事だけで鼻の穴は大きくならないようです。むしろ、鼻の穴は小さくても鼻の穴をほじる方もいる。

らいおんのぱぱhana-data2

調査対象:鼻の穴を良くほじると回答した25名

考察:鼻なお穴を良くほじる方は幼少期から癖になっている方が多いようです。ですが、鼻の穴が大きいと思う方は調査対象の四分の一程度でした。
今回の調査でわかった事は、鼻の穴をほじるのは幼少期からの癖のようだという事と鼻の穴をほじる事で必ずしも鼻の穴は大きくならないという事でした。

まとめ

むすめの鼻をほじる姿を見て心配になり調べてみましたが、最初思っていたような鼻をほじる=鼻の穴が大きいという事ではないような結果が出ました。鼻の穴の大きさは鼻の穴をほじる行為との因果関係はなく、各個人の個性のようです。

また、鼻の穴をほじるのは違和感であったり、心的ストレスなど何かしら理由があると思いますが、結局はそのことが起因で癖になっていることが多いようです。

今回のデータで鼻の穴をほじる事が癖になっている方は幼少期のころから鼻の穴をほじっている傾向にありました。このことから、鼻の穴をほじる行為は幼少期の鼻詰まりや鼻くそがたまって息苦しい事から始まっているのかもしれませんが、鼻の穴をほじることで鼻がスッキリして心地よい体験が癖に繋がっているのではないかと推測します。

おとなの鼻の穴をほじるのを止めるのには自分の意志が肝心だと思いますが、その前に癖にならないようにおとなや親が幼少のころから鼻を清潔にする方法を教えていくようにすれば鼻の穴をほじる癖は多少は軽減されるのかもしれません。

今回の結果

・鼻の穴をほじるのは癖のようだ。

・鼻の穴の大きさと鼻をほじる因果関係は無いようである。

 

今回のアンケートでは調査対象が少なく偏ったデータになっていることもあります。また、このデータは医学的な物ではなく私個人の考えと意見です。

今後、大きなデータを取れる機会があれば調べていきたいと思います。