復帰したらWordPressのエディタが変わっていてビックリ

一ヶ月半前に膝の靱帯を損傷して身動きが思うように取れない日が続きましたが、今日から復帰です。

復帰して一番驚いたのが、Word Press自体です。

PC立ち上げて、Word Pressにログインしたら更新のマークがあるじゃないですか。何気なくいつものように「ぽち」っとおしたら、何と!

別世界でした。

慣れれば、以前より使いやすいのでしょうが、今の僕には使いにくいです。

なんで、こんなんなったの?   めちゃくちゃ使いにくいです。

Word Pressのエディタを元に戻したい

何とか、以前使っていたエディタに戻したくて調べましたが、一度更新したWord Pressは元には戻せ無いようです。

これには、困ってしまいました。

一番良いのは、今のバーションのエディタになれる事だとは思いますが、以前と互換性ゼロのようで非常に使いにくく、勝手が分かりません。

なので、他の方法をとりました。

Word Pressのエディタを使う方法

Word Pressの以前のエディタを使う方法はいくつかあります。

プラグインを利用するか、新しく更新されたWord Pressで以前のエディタに近い環境を利用するかです。

Word Pressで以前のエディタに近い環境を利用

新しく更新されたWord Pressのエディタにはブロックという要素があります。

Word Pressの投稿⇒新規追加で開くと左上にブロックを開くマークがの+が出ます。

下の図の青い枠の部分です。

wordpressブロック

次に、フォーマットをクリックします。上の図のみどりの枠の部分です。

すると、うえの図に用になります。

そこで、赤い枠のクラシックをクリックすると以前のエディタに近い環境で使用できます。

プラグインを利用する

他の方法でプラグインを利用する方法があります。

いくつかプラグインがあるようですが、Word PressでClassic Editor」というプラグインが提供されていますので、それを利用するのが一番良いと思います。

理由は簡単で相性が一番良いだろうという事からです。

プラグインから検索で Classic Editorで探すと直ぐ出ます。

クラシックエディタープラグイン

上の図のように出ますのでここから入手します。

Word Press エディタまとめ

いやぁ、今回の更新にはまいりました。慣れていけるかは心配です。

結論として、僕は新しいエディタは使い勝手が悪いので、以前のエディタで使用していきますが、プラグインは使いません。

理由は、プラグインを他にも多く使用しているので、使わなくても良さそうなところは使いたくないなぁってそれだけです。

今後は、外部の他のエディタで文章を作成してWord Pressにコピペして最終編集って形になると思います。

以上、「らいおんのぱぱ復帰したらWord Pressのエディタが変わっいてビックリ」でした。

 

追記

前回、Word Pressエディタが変わっていた対応としてプラグインを選びませんでしたが、使い勝手が良くないので「Classic Editor」を利用することにしました。

プラグインをするのには、Word Pressの管理画面の左よりプラグインを選び、右上の検索で「Classic Editor」と検索をしてください。一番に出てきます。

あとは有効化し記事を開くか、新しく投稿をしてみてください。懐かしい以前と同じエディタに戻っっています。

慣れているせいか、やはりこのエディタが良いです。