MW WP Formキャッシュ系プラグイン問題 ページ快速のまま解決
gori

問い合わせホームを日本人が作ったMW WP Formが良いので入れてみたけど、ワードプレスのページスピードの読み込みを早くするキャッシュ系のプラグインWP Fastest Cacheが邪魔してる。
WP Fastest Cacheを停止するととMW WP Formは動くがページスピードはがた落ち。WP Fastest Cacheを有効化すると、MW WP Formは動かない。

問い合わせフォームを作たっら、こんな問題にぶつかった。

この記事は、この両方の問題をどちらのプラグインも有効化してMW WP Formが問題なく動いて、ページスピードもあげることができた記事です。

問い合わせフォームMW WP Formとキャッシュ系WP Fastest Cacheが有効化されている状態

まず、スピードはモバイル【65】 パソコン【83】のページスピードで、まずまずのスピードかと思います。

らいおんのぱぱーパソコンspeed65-1
らいおんのぱぱーパソコンspeed83-s

ですが、問い合わせフォームは

GoogleChrome(グーグルクローム) × 動きません
IE/Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー) × 動きません
Mozilla Firefox(ファイアフォックス × 動きません
Safari(サファリ) × 動きません
Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ × 動きません

iOSでも同じです。

メールを配信する前の確認にも行けません。キャプチャーも誤作動して表示されません。
GoogleChromeはキャプチャーは表示されますが、リロードしてもキャプチャーは変わらず、動いていないことが解ります。

問い合わせフォームMW WP Formとキャッシュ系WP Fastest Cacheが停止されている状態

スピードはモバイル【36】 パソコン【68】のページスピードで、ページスピードは落ちます。

らいおんのぱぱーモバイルspeed36-s-1
らいおんのぱぱーパソコンspeed-68s

ですが、問い合わせフォームは

GoogleChrome(グーグルクローム) ○ 動きます
IE/Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー) ○ 動きます
Mozilla Firefox(ファイアフォックス ○ 動きます
Safari(サファリ) ○ 動きます
Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ ○ 動きます

iOSでも同じで、問題なく問い合わせフォームが動いています。

どちらかを諦めれば問題か解決しますが、どちらも諦めたくないので、色々考えた末ある方法で落ち着きました。

問い合わせフォームMW WP Formとキャッシュ系WP Fastest Cache両方活用術

今回私が取った方法は、問い合わせフォームの外部化です。

今使っているlion-papa.clubのサブドメインでも良いし、ディレクトリを変えて良いですが、新しいワードプレスを用意して、そこに新しい問い合わせフォームMW WP Formのプラグインを設置しました。

私の場合は、遊んでいるドメインがあったので、そのドメインを使って設置しました。
MW WP Formの設定は、以前のままです。

Point

設置する固定ページなどの設定はnoindexにしておきます。
私は、ワードプレス設定⇒表示設定⇒「検索エンジンのい表示」を✔してインデックスが出来ないようにしました。(以前の問い合わせフォームをindexにはそのままのこし、新しく設置した方を隠し?ました)

変えたのは、lion-papa.clubのワードプレスのメニューです。
外観⇒メニュー⇒メニューに追加⇒カスタムリンクで、先ほど作った新しい問い合わせフォームのURLを入力します。リンク文字列は前と同じにしておきます

確認します。lion-papa.clubを開き、問い合わせフォームを確認すると、どのブラウザでもiOSでも動いている事が確認できました。
これで、外観は変わりませんが、問い合わせフォームの外部化が出来ました。

Point

このとき、試用しなくなった旧問い合わせフォームが固定ページなどに残っているかも知れませんが、特にnoindexにしてない場合は、ページをそのまま残したままで良いです。
逆に消すとエラーがでて面倒なので、そのまま放置。

ページスピード測定

Lion-papa.clubのページスピードを計ってみます。
スピードはモバイル【86】 パソコン【100】のページスピードで、最初より早くなりました。
ちょっと、びっくりです。

らいおんのぱぱーモバイルspeed86
らいおんのぱぱーパソコンspeed100

MW WP Formのプラグインは有料のジェネレーターやキャプチャーなど全部で4つ入れてありました。
これを、停止したのが良かったのか、以前よりすっごく早くなりました。

ここから、lion-papa.clubのスピードが確認できます。

まとめ問い合わせフォームMW WP Formを外部化することで
・ページスピードがあがりました
・問い合わせフォームも稼働しました
どちらも、諦めること無く使用することが出来るようになりました。

外部化することで、初期ドメインを使えば必要なものは特にありませんが,、複数サイトをもっている場合は、問い合わせ専用のドメインを作っておくと一括でメールのセキュリティ対策ができて便利です。

注意警告が出るので新しいドメインのSSL化を忘れないように。